相場を知る

遺品整理の相場について

遠方の親族が亡くなった場合など、住宅の引き渡しのために遺品の整理が必要です。もともとはこうした後処理は遺族が対応していたものですが、近年では業者に依頼するという方も増えています。高齢化が進行していることもあり、遺品整理を行う業者はここ数年増加傾向にあります。 多くの業者の中から信頼できる業者を探すにはいくつかのポイントがあります。できれば遺品整理士の有資格者がいるところが対応レベルに期待がもてますが、費用面が最も気になるという方も少なくはないでしょう。遺品整理にかかる費用は、作業員の数・遺品の量・住宅のタイプや広さなどによって変動します。一般的には作業費用と運搬費用に分かれていて、まず作業員2名で30000円程度が相場です。また、軽トラック1台で6000円、二トントラックでは12000円が相場と言われています。これに加え、リサイクル費用などが追加されることがあります。

格安で対応する業者も

遺品整理の費用は、対応する作業員の数・遺品の量・住宅のタイプによっても異なります。先述したように、作業員2名で30000円・軽トラック一台で6000円というように費用を明確にしているところもあれば、申告した情報によって、作業費用・運搬費用として費用が提示される場合などまちまちです。 近年では遺品整理を担う業者が増加していることもあり、価格帯にも幅が広がっています。時間制で料金を提示しているところも多く、1人の作業員一時間あたりとして格安で対応するところもあります。明確には遺品整理とは異なりますが、たとえば生前のうちに自宅の不用品を整理したいという場合などは、こうした時間当たりの格安業者でも事足りるでしょう。一方で、すべてのものを運搬・処分・売却に分けて、部屋を空にするという場合は相応の運搬費用が加算されるので、運搬費用も含めて検討する必要があります。